上へ戻る

VAIOがなにやら面白そうな物を試作品であげてはりますよ。「VAIO Prototype Tablet PC」。

Pocket

この記事を書いてから、一層VAIOの新製品のチェックに余年がないワタクシ。
Macbookが欲しくなってきた。「もし購入するとした…」今のVAIOと比較してみる。2014年10月

そんなVAIOが新たな新製品というよりも試作機としてVAIO Prototype Tablet PCを発表しました。


VAIO Prototype Tablet PCの主な仕様


キャプチャ
ホームページでの開発者インタビューと主な仕様を見ることが出来ます。

プロセッサー:インテルR Core? プロセッサー H プロセッサーライン(Quad-Core プロセッサー) グラフィックスアクセラレーター: インテルR Iris? Pro 液晶表示装置: 画面サイズ 12.3型(3:2) / 解像度 Over Full HD 2560 × 1704(250 DPI) / 色域 Adobe RGBカバー率 95%以上 主な入出力:SuperSpeed USB (USB 3.0) port x 2 / HDMI出力 x 1 / Mini Display Port x 1 / ヘッドホン出力 ステレオ、ミニ端子 / ネットワーク(LAN)1000BASE-T/SDXCカードスロット(UHS-II)x 1


Surfaceのような形で、キーボードとディスプレイが外れるタイプのようです。

画像のサイズは12.3型で私の欲しい内容とは違いますが、USB3.0×2だったりVAIO Duoのようにペン入力も可能な様子。

VAIOの公式サイトでも書かれていますが試作機の為、金額や重さなどが書かれていませんが同タイプのSurface 3から考えると10万円前後なのではとみています。





私の欲しいVAIOではないので、多分買うことはないとは思いますが実際に触ってみると欲しくなったりするのがVAIO。

発売日をまずは待ってみることにします。

Pocket