上へ戻る

滋賀県民の方々!コワーキングスペースは知らなくても、SIMフリーは知っておいた方がいいかもしれません。

Pocket

現在書いているiPhoneの液晶割れからSIMフリーのスマートフォンに変える話。

iPhoneの液晶が割れてしまったので、SIMフリーにしようと思っております。

おそらくこの話を読むのに、SIMフリーという言葉自体を知らないと意味がわからないと思うので、SIMフリーについて書いてみます。


SIMフリーってなに?というかSIMってなに?


SIMカード
皆さんが、今使われているスマートフォンなりガラケーなりは、どこと契約して使っていますか?
Docomo,au,softbankと日本の三本柱のキャリアがあって、E-MOBILEやWILLCOMがありますが、ほとんどの方はこのいずれかと契約して携帯電話を使われていると思います。

携帯電話を買う時にそれぞれのキャリアに行って、お気に入りの端末を買って、さあ使おうというわけなんですが、使用するためにはネットに繋がれていなければなりませんよね。

電話だけであっても、繋がっていなければタダの計算機&アラームです。


その繋げる為に必要なのが、SIMと呼ばれる下のような写真のカードです。
携帯のバッテリーのところをパカっとあけて見えると思います。

そのSIMカードを刺して、かつ各キャリアと契約することで電話を掛けられたり、ネットに接続できたりパズドラ出来たりするわけです。


SIMは分かった。じゃあSIMフリーとは?


先ほどのキャリアで5つほど挙げましたが、実はそのキャリアのいずれかに契約しなくてもネットと電話は出来るようになりました。

簡単にいうと「携帯ショップに行って契約しなくても、スマートフォンを持って利用することはできるようになった。」ということ。

SIMフリーとは、SIMカードの種類を選ばずに使える携帯・スマートフォンのことで、例えばあなたがSIMフリーのスマートフォンを持っていれば、DocomoでもsoftbankでもSIMカードを刺して使えるというわけです。


逆に携帯ショップで契約するスマートフォンは、DocomoのスマートフォンであればauのSIMカードを刺しても使えませんし、逆も無理です。
この特定のSIMしか使えないことをSIMロックといいます。


SIMフリーになると何が良いのか?それが聞きたい!

SIMフリーになると、SIMカードはなんでもいいわけです。

つまりキャリア以外のSIMカードでもOKということ。
現在モバイル通信SIMカードを提供しているMVNO事業者は数多く有り、その会社と契約すればスマートフォンで電話を掛けたり、ネット出来たりします。

例えば8月からそれぞれの各キャリアで新プランが始まった電話し放題やデータパックなんですが、契約すると6000円弱、毎月必要となります。

電話をものすごくするし、ネットも外出先でするという人にはそれでもいいかもしれませんが、最近はネットもWifiで繋げる所が増えてきて、電話もLINEでする人も増えてきています。

つまりそこまでの契約は必要なかったりするんですよね。


今回候補となっているMVNO事業者の1つ、U-mobileであれば、そんな方にはぴったりな料金になっています。
U-mobile公式ホームページ

U-mobile 通話プラス 3GB


高速データ制限も3GBまで使えて、電話番号もついていて、かつ毎月2,000円程度でスマートフォンが持てる。


値段という面でSIMフリー端末だとどれだけいいか、少しはイメージ掴まれたのではないでしょうか。


良いところばかり?ではSIMフリーのデメリットは何?


SIMフリーの場合、スマートフォンをキャリアと契約するわけではないので用意しなければなりません。

となるとこれまでは実質0円や一括0円で入手できていた端末を買わなければなりません。

皆大好きiPhoneの場合、SIMフリー機のiPhone 5s 16Gであればappleで67,800円のお値段となります。
iPhone 購入ページ apple

最初の端末代金を払う分、毎月の月額費用を安く出来るか、毎月の月額費用が高い分、端末代金をゼロで抑えるか。

人それぞれな部分はありますが、SIMフリーの波は少しずつ押し寄せており、「こういうものもある。」というのは覚えておいて損はありません。

Pocket