上へ戻る

公園の遊具を家用に買うとしたらおいくら?そんな時はメーカーのカタログを見てみよう。

Pocket

えー、子供を持つ親になると、自然と公園に行く回数が多くなります。

ふと思うわけですよね。この遊具いくらって?子供の時には思わなかったことを。

ちょっと調べてみましたよ。どの遊具がどれぐらいになるか。

公園の遊具別、いくらぐらいで買えるの?


参考にしてみたのは本社が東京にあるタカオ株式会社。ありがいたいことにカタログ製品のPDFが挙がっていたのでこちらを参考にしてみました。

タカオ株式会社


すべり台のお値段

タカオ株式会社_1

まずは子供が大好きのすべり台。THE遊具ですよね。ちなみにすべり台ではなくスライダーというらしいです。

一番お安い値段で49万8千円で高くなると100万越えます。

その中でも一番欲しいとすれば360°スパイラルスライダーでしょうか。112万ほどしますが。



ブランコのお値段

タカオ株式会社_2

続いてこちらもド定番の遊具「ブランコ」。

基本的にブランコは前の柵もセットのようです。すべり台に比べて最安値は14万6千円。すべり台見てからの値段となると安く感じる不思議。

80万以上する4連ジャイアントブランコ(インディアン)はデザイン的に面白い。



鉄棒のお値段

タカオ株式会社_4
すべり台、ブランコと違ってなかなか工夫の仕様がないと思う鉄棒。

金額差があまりない遊具となりました。最安値は10万を切る95,000円、3連低鉄棒(スタンダード型)(L1500)

これならお家の置くのもまだ現実味があるのでは。


コンビネーション遊具のお値段

タカオ株式会社_3
昔に比べて新しめの公園だと多いのがコンビネーション遊具。

昔はブランコ、すべり台と独立しているのが多い印象がありましたが、今は一式で遊べるというのが多いんですかね。

またカラフルさも子供の感受性を育てるのに良いのでしょうか。

さすがはコンビネーション遊具とだけあって、最安値は78万円から。そして一番高いのは、はい来ました大台○千万台クラスとまでは行きません。

夢のおかしのお家が945万です。

コンビネーション遊具は他のカテゴリよりも種類が多かったりするので見ているのもより面白いです。



ここまでお値段調べてみましたが、結果置く土地がね。必要ですよね。

まあ買えるわけもありませんが、カタログ見て「ふーん」と「ほーー」とか言っているのが一番楽しかったりします。



ではでは。

Pocket