上へ戻る

イラストレーターの線幅ツールが使えるヤツ!使ったことがない方はぜひ使ってみよう。

Pocket

線幅ツール_2

普段から使用しているソフトでも、作っているファイルの構成が似ていたりするとそのソフトを使いこなしているとは言えません。

なぜならエクセルしかりPhotoShopしかり、実は使ったことがないけれど知ってみたら結構便利だったというのはよくある話し。


正確な寸法をPhotoShopで測る時にものさしツールを使えば一目瞭然だったりするケースです。
Photoshopで正確に長さを測定しよう、そうしよう!の「ものさしツール」。使い方編。

今回の題目はイラストレーター。そしてその実は使ったことがなかったツールというのが「線幅ツール」です。

一度も使用したことがない方は、もしかすると「こういうのが欲しかった!」と思えるかもしれません。


線幅ツールの使い方編



線幅ツールとはそのままの意味で線の幅を変更ができるツールです。

線全てを太くしたり細くしたりする場合は線のpt数を変えればいいわけですが線の一部のみ太くしたい場合はどうしていましたか?

アウトラインを書けて、塗りに変換しダイレクト選択ツールとかで変えていませんでしたか?

線幅ツールであればアウトラインを書けることなく一部分のみの線の幅を太くしたり細くしたりができます。

線幅ツール_3

使い方は至って簡単でまずは線幅ツールを選択します。


線幅ツール_4
そのまま一部分変更したい場所にカースルを持っていき、クリック。あとは上下変更することでその部分の線幅を変更することが出来ます。


線幅ツール_5
また線幅ツールで変更している時には、幅や側辺のpx数も表示されます。


線幅ツール_6
実際に使用してみると表現方法が線幅ツールでないとうまく出来ないものが見つかったりするので「これは使える!」となるはず。


普段は使用しないけれど、使うときには重宝するイラストレーターのツール「線幅ツール」のご紹介でした。 

Pocket